洗い流しても効果がある | 早漏を圧倒的に改善してくれるダポキセチンとリドカインとは?

洗い流しても効果がある

後ろから女性を抱きしめる男性

ダポキセチンとリドカインの違いは、簡潔に言うと「内服薬か外用薬か」ということです。
ダポキセチンは飲んで効果を発揮する錠剤タイプで、リドカインは患部に直接塗布することで効果を発揮するクリーム、もしくはスプレータイプです。
いきなり内服薬を試すのが怖いという人は、リドカインから試してみると良いとおもいます。
リドカインはスプレーやクリームを直接陰茎全体に塗布することで早漏を防止してくれます。
リドカインは麻酔にも使われている成分で、感覚を麻痺させる効果があります。
精神が昂った状態だと、いつもより感覚は敏感になります。
そこで、陰茎を鈍感にさせることで物理的に早漏を阻止してくれるんです。
副作用としても軽い吐き気と眠気がが起こる可能性がある程度なので、安心して使用できると思います。
使用方法としては、セックスの20分前にリドカインを亀頭を含めた陰茎全体に塗ります。
20分ほど放置したらしっかり石鹸でリドカインを洗い流します。
20分も放置すれば既に粘膜からリドカインが吸収されているので、洗い流してもしっかり早漏を防止してくれますよ。
早漏を防止してくれる時間は約30分と少し短めではありますが、射精までの時間が約3分も長くなるという実験結果もあるので、効果は確かなものと言えます。
しっかり洗い流した後も必ずコンドームを付けて挿入しましょう。リドカインが落とし切れていなかった場合、女性にまで効果が出てしまう危険性があります。